評価損が減らずに損失リスクを大きくする

買ったばかりでレートが下がり、損切りしないで、さらに安くなったところで少しだけ買います。このことを「ナンピン買い」と言います。

評価損に目をつぶることで、最初に買った値より安く買えることや、平均購入コストが下がる分目の前のレートが魅力的に思えてしまいます。しかし、評価損の金額は変わりません。評価損を抱えて状態でさらにポジションを抱えることで、ポジションは大きくなり、リスクを高めているのです。ナンピン買いをしてしまうその裏づけは、「待てばレートがそのうち戻る」という自分の希望のシナリオがあるからです。戻らなかったらどうしよう、コツコツ貯めた収益が一瞬でなくなってしまうということを考えることが大切です。

ビットを出している人の状態

ナンピンをすることで、評価損を増やしてしまいます。ナンピンをするのであれば、今保有しているポジションを損切りし、新たに安値で買いポジションを持つほうが、リスクを少なくすることができます。流動性のある市場であれば、相場が下落していても買いオーダーが出ています。まず、買いオーダーを出す人はシュートポジションの人です。そして、今まで買いたかったのを我慢してた人。これも本質はショートと同じだと考えられます。そして最後はナンピン買いの人です。ポジションを保有してる状態でさらに安値で買い増しを考えている人です。本来ポジションを抱えていれば、相場が上昇することを予測し、売ることを考えますが、ナンピン買いをする人は、下がることを喜び買い増しするのです。相場が下がれば最初に買ったポジションの評価損が大きくなることを理解していない人だと考えられます。



詳しくはこちら